セキュアなプロセッサRyzen Proシリーズで法人需要を狙うAMD

Ryzen Proが発表される

Ryzen Proシリーズが発表されました。以下の6モデルがラインナップされます。

  • Ryzen™ 7 PRO 1700X 8C/16T 3.8/3.4GHz 95W
  • Ryzen™ 7 PRO 1700 8C/16T 3.7/3.0GHz 65W
  • Ryzen™ 5 PRO 1600 6C/12T 3.6/3.2GHz 65W
  • Ryzen™ 5 PRO 1500 4C/8T 3.7/3.5GHz 65W
  • Ryzen™ 3 PRO 1300 4C/4T 3.7/3.5GHz 65W
  • Ryzen™ 3 PRO 1200 4C/4T 3.4/3.1GHz 65W

Ryzen Proに採用されるシリコンレベルのセキュリティ

AMDが発表した「Ryzen Pro」は高度なセキュリティ機能を有しているようです。

  • AMD GuardMI Technology
  • AES-128 暗号化エンジン
  • Windows 10 Enterpriseのセキュリティ機能をサポート
  • fTPM/TPM 2.0対応

EPYCと同様にセキュアか

EPYC 7000シリーズにもAES-128 暗号化エンジンが搭載されているようです。Ryzen ProにAES-128 暗号化エンジンが搭載されるというのは、Ryzen ProがEPYC譲りの暗号化性能を誇るということなのでしょうか。Ryzen Proの暗号化の性能に注目していきましょう。

関連記事

QNAPが最大でRyzen 7 1700、メインメモリ 64GB搭載、PCIeスロットに40Gbit NICを搭載可能なモンスターNASキットを発売

IntelがWebホスティングなどに向けたチップを拡充、オンボードCPUをルーツに持つAtom C3000シリーズと、メインストリーム向けCPUをルーツに持つXeon D1500シリーズ

ソース

http://www.amd.com/en-us/press-releases/Pages/amd-ryzen-pro-2017jun29.aspx

http://www.anandtech.com/show/11551/amds-future-in-servers-new-7000-series-cpus-launched-and-epyc-analysis/3

Add a Comment

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)