Radeon Vega Frontier EditionはNVIDIAのどのグラフィック・ボードと比較するのが適切か

立ち位置があやふやなRadeon Vega Frontier Edition

Lisa su氏がCEOを務めるAMDのGPU製品群Radeonシリーズは現在、ゲーミング向けのRadeon RX、プロフェッショナル向けのRadeon Pro、コンピューティング向けのRadeon INSTINCTに分かれていますが、pro.radeon.comでの発表によると、Radeon Vega Frontier Editionはそのどれにも属さないようです。

Today we’re announcing the first of several Vega architecture-based products to roll out this summer, and soon we’ll be launching Radeon Instinct, Radeon Pro, and Radeon RX flavors of Vega. But today’s Vega is just a little different.

Today’s VegaはRadeon Vega Frontier Editionを表しています。Radeon Instinct、Radeon Pro、Radeon RXのVegaとは違うとされています。

このようにRadeon Vega Frontier Editionの立ち位置はあやふやで、NVIDIA TITAN XpやQuadro P6000など様々なNVIDIAのGPUと比較されています。

ソース

http://pro.radeon.com/en-us/vega-frontier-edition/

Quadro P6000とNVIDIA Titan Xpに搭載されているGP102コア

NVIDIAのGPUにはアーキテクチャの名前の頭文字が入ります。例えばKelperアーキテクチャをベースとしたモデルには、GK110といったようなネーミングとなります。G、アーキテクチャの頭文字、三桁の型番となっているわけです。そのコアのカスタム品や、いくつかのコアを無効化したものを搭載したボードがGeForceやQuadro、Teslaなどそれぞれのブランドのボードとして市場に出回ります。

  • Kepler: GKxxx
  • Maxwell: GMxxx
  • Pascal: GPxxx

Quadro P6000とNVIDIA TITAN Xpには全てのコアが有効なGP102コアが採用されています。CUDAコア数は3840ととても大規模なプロセッサとなっています。QuadroはCADなどで使われるOpenGLでも性能が出るようにチューニングされていて、プロフェッショナルな用途にも対応するボードとなっています。一方NVIDIA TITAN Xpはあくまでゲーム向けの製品として販売されています。

Radeon Vega Frontier Editionはプロフェッショナルな用途にもゲーミングにも対応するようなので、Quadro P6000、NVIDIA TITAN Xp両方と同時に比較され得るボードだと言えます。

ソース

https://videocardz.com/70511/amd-radeon-vega-frontier-features-gaming-mode

Teslaとも比較され得るか

Radeon Vega Frontier EditionとオープンなGPGPUフレームワークRadeon Open Compute 1.5を用いた環境とNVIDIAのTesla P100とCUDA 8.0.61を用いたDeepBenchの比較がAMDによって公開されています。詳しくは以下の記事をご覧ください。

関連記事

Radeon Vega Frontier Editionは6月末に発売

GK110が採用されていたKepler世代のTITANを彷彿とさせる

Radeon Vega Frontier Editionはこの価格帯で出してしまって本当に大丈夫なのかが不安になるほど多用途をカバーしています。Quadro P6000は価格.comによると現在65万円以上するグラフィックボードですが、Radeon Vega Frontier Editionは空冷モデルで999ドルです。また、半精度の演算能力が高く、ディープ・ラーニング用のコプロセッサとしても高い適正があるのは上述の通りです。

NVIDIAに同じようなボードがあるとすれば、アメリカのGPGPUスーパーコンピューターTITANに搭載されるTesla K20Xと同じGPUコアであるGK110を搭載したKepler世代の初代TITANシリーズかもしれません。Kepler世代のTITANシリーズはTesla譲りの倍精度の演算能力の高さが知られていますが、Radeon Vega Frontier Editionは半精度の演算能力の高さが知られています。Kepler世代のTITANとは良い対比と言えるかも知れません。

ソース

http://kakaku.com/item/K0000924706/

関連記事

Quadroと競合するAMDのプロ向けGPU最上位Radeon Pro WX9100のベンチマークがリーク

機械学習やディープ・ラーニングにも強いRadeon Vega Frontier Editionが999ドルで世に放たれる

Radeon RX VegaのTDPは300Wオーバー、電力を食うグラフィックボードとなる

Add a Comment

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)