Ryzen 9のラインナップ、Ryzen 9 1998Xは16コア3.5GHz/3.9GHz、12コアの1976XはXFRで4.1GHzに到達

Ryzen最上位、Ryzen 9のラインナップについてのリーク情報

WikiChipよりRyzen 9のリーク情報です。Ryzen 9はPC市場を賑わすRyzen 7より上位のRyzenで、Intelで言うCore i7 EE、Core i9に相当するRyzenのHEDT(ハイエンド・デスクトップ)モデルです。

Ryzen 9のリスト

以下がリークされたRyzen 9のリストです。

  • 1998X 16コア 3.5/3.9GHz 155W

  • 1998 16コア 3.2/3.6GHz 155W

  • 1977X 14コア 3.5/4.0GHz 155W

  • 1977 14コア 3.2/3.7GHz 140W

  • 1976X 12コア 3.6/4.1GHz 140W

  • 1956X 12コア 3.2/3.8GHz 125W

  • 1956 12コア 3.0/3.7GHz 125W

  • 1955X 10コア 3.6/4.0GHz 125W

  • 1955 10コア 3.1/3.7GHz 125W

Ryzen 9 1998Xの驚異的なコア数とクロック

Ryzen 9の最上位モデルが16コア/32スレッドになると言う情報は以前からあり、最近ではそのクロックについてベース・クロックが3.1GHz、ブースト・クロックが3.6GHzだと言うリーク情報もありました。

このリーク情報はベンチマークの公開されたエンジニアリング・サンプルのモデル名に基づくものでしたが、16コアモデルのクロックが順調に出ていることを示していました。

今回のリーク情報によると、16コアモデルのクロックはベース・クロック3.5GHz、ブースト・クロック3.9GHzとなっています。またTDPはこれまで噂されてきたRyzen 9の最大TDP 180Wを大きく下回る155Wとなっています。

Core i9のこれまでのリーク情報

Wccftechによると、Core i9のこれまでのリーク情報は以下の通りです。

  • Core i9-7920X 12コア TBD/TBD 160W

  • Core i9-7900X 10コア 3.3/4.5GHz 160W

  • Core i9-7820X 8コア 3.6/4.5GHz 140W

  • Core i9-7800X 6コア 3.5/4.0GHz 140W

IntelのHEDTモデルのフラッグシップは12コアのCore i9 7920X

現在リークされている中でのIntelのCore i9の最上位モデルはCore i9 7920Xですが、このプロセッサはTDPが160Wで12コア/24スレッドとなっています。Ryzen 9 1998Xの16コア/32スレッドですので、コア数はCore i9 7920Xの1.33倍となります。

Ryzenに採用されているZenアーキテクチャのIPC(インストラクション・パー・クロック:クロック当たりの命令実行数)Intelのアーキテクチャのそれにほぼ追いついています。よってプロセッサのマルチコア性能はコア数にクロックを掛けたもので比べることが出来ます。言い換えると1.33倍のコア数のあるRyzen 9 1998Xはそのクロックの1.33倍のクロック、つまりベース・クロック4.67GHzで動くCore i9 7920Xに概ね相当しすることになります。

よりコア数の少ないモデルのクロックについてのリーク情報がありますが、8コア製品でベースクロック3.6GHzを達成しているのが最高です。マルチコア性能ではRyzen 9 1998Xの圧勝でしょう。

シングルスレッド性能では僅かにIntel優勢か

これまでのリーク情報に基づけば、シングルスレッド性能ではIntel優勢を言えるでしょう。10コアモデルと8コアモデルがIntel Turbo 3.0テクノロジーによって、熱や消費電力、消費電流などに余裕があり、かつ少数のコアに負荷がかかっている状況において4.5GHzまでブーストします。

対してRyzen 9は12コアモデルがXFRテクノロジーによって4.1GHzまで上昇しますが、シングル・スレッド性能では僅かにIntelが優勢かも知れません。

PCIeレーン数は44レーン、DDR4 3200 4チャネルに対応

Ryzen 9のPCIeレーン数は全てのモデルで44レーンとなるようです。Core i9は12コアモデルと10コアモデルが44レーンとなるに留まります。Ryzen 9はDDR4 3200 4チャネルに対応し、Core i9はDDR4 2666 4チャネルに対応します。対応するメモリの周波数に差が出ていますが、その速度差は20%と無視出来ないものとなっています。

7/7追記

ラインナップはRyzen Threadripper 1950Xをフラッグシップとするものになるとの追加情報

Ryzen Threadripperのフラッグシップ・モデルはRyzen Threadripper 1950Xか

関連記事

Whitehavenこと16コアRyzenは5月末お披露目か

Ryzenの16コアHEDTモデルはベース・クロック3.1GHzブースト・クロック3.6GHz以上か

12コア/24スレッドのRyzenのスペックが一部リーク

ソース

http://wccftech.com/amd-ryzen-9-lineup-threadripper/

http://wccftech.com/intel-skylake-x-core-i9-7920x-7900x-7820x-7800x-x299-leaked/

https://twitter.com/WikiChip/status/863874789622022145/photo/1?ref_src=twsrc%5Etfw&ref_url=https%3A%2F%2Fen.wikichip.org%2Fwiki%2FWikiChip

http://wccftech.com/amd-ryzen-16-12-core-x399-whitehaven-cpus-leaked/?utm_source=wccftech&utm_medium=related

Add a Comment

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)