過去に作成されたAMDのロードマップがリーク、48コア「Starship」は2018

2016年2月のプレゼンテーション資料で非公開にされていたと見られるロードマップがリーク

Videocardzより、2016年2月に行われたプレゼンテーションの資料が公開されたなかった部分を含めリークされました。特に2015年から2019年のロードマップにはAMDの7nm FinFET世代のラインナップに関する興味深い情報が記載されています。

2018年に48コア「Starship」

このロードマップによると、コードネーム「Naples」の次世代「Starship」は最大48コアとなる予定のようです。Snowy Owl, Naples世代と同じく35Wから180Wと幅広いTDPのラインナップが用意される予定で7nmプロセスでの製造となることが記載されています。

32コアのNaplesはIntelの製品よりも多くのコアを搭載するデータセンター向けプロセッサとして注目が集まっていますが、AMDは次の世代でコア数を更に1.5倍にする計画のようです。多コア化によってIntelの支配するデータセンター向けプロセッサ市場でシェアを獲得することは出来るのでしょうか。Naples、Starshipから目が離せません。

関連記事

ntelの次世代のサーバー向け32コアCPUの性能がリーク

規模で圧倒するNaples、競合のXeon E5 2699A V4と比べメモリ帯域122%、PCIe 60%、コア数45%上回る

ソース

https://videocardz.com/69428/amd-snowy-owl-naples-starship-grey-hawk-river-hawk-great-horned-owl

One comment

Add a Comment

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)