AMDがワイヤレスVRに関する技術とIPを有するNiteroを買収

ワイヤレスVRの時代が来るか

AMDがワイヤレスVRに関する技術とIP(知的財産)を有するNiteroを買収したようです。Niteroのチップは60GHz帯を用いることによって、室内程度の狭い範囲でギガビットクラスの通信速度を実現するようです。遅延などが気になるところですが、より快適なワイヤレスVRデバイスが世に出まわるのは近いのかも知れません。

AMDは以前からVRに強い興味を示していましたが、Niteroの買収は今後のVR関連事業の戦略を決定していく上で重要な買収なのでは無いでしょうか。

HTC VivoやOculus Riftはケーブルで繋がる

HTC VivoやOculus RiftはケーブルでPCと繋がるVRヘッドセットです。ゲームに没頭している時にケーブルを気にしたくないと言うのは自然な感情であり、Niteroの技術を用いた無線VRヘッドセットは、市場において大きなアドバンテージを持つと言えるでしょう。

AMDのCTO Mark Papermasterはこう言っているようです。

“Unwieldly headset cables remain a significant barrier to drive widespread adoption of VR”

「扱いにくいヘッドセットケーブルにはVRを広く適用していく上で明らかな障壁が残る。」

VRヘッドセットから邪魔なケーブルが取り除かれ、より様々な用途へVRが応用されることに期待しましょう。

関連記事

QualcommがVRヘッドセットのリファレンスモデルをSnapdragon 835にアップデートすることをアナウンス

ソース

http://hothardware.com/news/amd-acquires-nitero-ip-to-make-vr–ar-gaming-cord-free

Add a Comment

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)