12コア/24スレッドのRyzenのスペックが一部リーク

16コア/32スレッドに続いて12コア/24スレッドの噂が

12コア/24スレッドのHEDT(High End Desk Top)版Ryzenが搭載されたゲーミングPCのベンチマーク情報がリークしたようです。ベンチマークに使用されたサンプルチップの型番から推察すると、以下のスペックのRyzenが存在していると見られます。

 2D2701A9UC9F4_32/27_N (2N 6M 24T 2.7GHz, 12x 512kB L2, 8x 8MB L3)
  • 12コア
  • 24スレッド
  • ベースクロック 2.7GHz
  • ターボクロック 3.2GHz
  • L2 512KB x12
  • L3 8MB x8

これはエンジニアリングサンプルなので、クロックなどは今後のチューニングによって向上する可能性があります。

IntelのHEDTが採用されていたラインナップへの採用

搭載されているのはDellのAlienware Area-51 R3というシリーズのようで、Intelの第6世代のHEDT、Core i7 6800K/6850K/6900K/6950Xをそれぞれ搭載するラインナップが存在するR2の後継シリーズのようです。

関連記事

Ryzenの本当のハイエンドは16コア/32スレッド 4チャネルメモリ

5.2GHzまでオーバークロックされたRyzen 7 1800XがCinebench R15で「2449cb」を叩き出す、ワールドレコードか

ソース

https://videocardz.com/67649/amd-ryzen-cpu-with-12-cores-and-24-threads-spotted

http://www.dell.com/jp/p/alienware-area51-r2/pd

Add a Comment

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)