AMDがMITライセンスのVulkanラッパー・ライブラリ「Anvil」を公開

AMDがMITライセンスのVulkanのラッパー・ライブラリを公開、その名も「Anvil」

AMDがVulkanをより扱い易くする機能を含んだC++ラッパー・ライブラリ「Anvil」を公開しました。高機能なメモリアロケーターやオブジェクトのライフタイムの自動化、FP16とFP32の変換用ルーチンなどが含まれるようです。

このライブラリはAMDがゲーム開発者などに向けてツール群を提供するプロジェクトGPUOpenで開発されているようです。

関連記事

Vegaのドライバ関連で立て続けに100+140のパッチ

ソース

http://gpuopen.com/gaming-product/anvil-vulkan-framework/

gpuopen.com

github.com/GPUOpen-LibrariesAndSDKs/Anvil/

Add a Comment

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)