5.2GHzまでオーバークロックされたRyzen 7 1800XがCinebench R15で「2449cb」を叩き出す、ワールドレコードか

最強の8コアプロセッサRyzen 7 1800X

Cinebench R15にてRyzen 7 1800Xが5.2GHzまでオーバー・クロックされた状態で叩きだしたというマルチスレッドのスコア「2449cb」が世界記録では無いかと話題になっています。これは、Core i7 6900KやCore i7 5960Xなどを凌駕するスコアで、世界記録と噂される通り8コア最高クラスのスコアです。こんなCPUがたった500ドル程度で発売されてしまいます。

Core i7 5960X 6.044GHz VS Ryzen 7 1800X 5.2GHz

下のページによると、Core i7 5960Xを6.044GHzで回した状態でのCinebench R15のマルチスレッドのスコアが2445cbです。Ryzen 7 1800Xの5.2GHzは、Core i7 5960Xの6GHzと同等以上のパフォーマンスを持っていることが分かります。

5.2GHzまでOC出来るRyzen 7 1800X

Ryzen 7 1800XはどうやらきっちりOC出来るCPUのようです。5.2GHzまでのOCが発売前に確認出来たことは大きな意味があるのでは無いでしょうか。これはCinebench R15を完走する限界付近のクロックですし、液体窒素で冷却した上でのベンチマークですが、RyzenのOC耐性を語る上で1つの目安となるでしょう。

関連記事

Ryzen 5 1600X、CinebenchでCore i7 6800Kと競合するコストパフォーマンス最強のRyzen

Ryzen 7 1700Xのベンチマークがリーク、Core i7 7700Kに圧勝しCore i7 6900Kを破るスコアも

Ryzenの価格情報がリーク、8コア最下位1700は$316.59、i7 6900Kと張り合える最上位1800Xは$490.29

ソース

http://wccftech.com/amd-ryzen-7-1800x-world-record/

One comment

Add a Comment

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)