4コア/4スレッドのRyzenがサンプリング開始か

4コア/4スレッドRyzen

ローエンドと見られる4コアのRyzenのサンプル出荷が始まったようです。フランスのITメディアの公式Twitterアカウントからのリーク情報のようです。

この情報によるとサンプリングが開始したローエンドと見られるRyzenはSMTがオフとなっており、4スレッドとなるようです。

どのような展開になるか

Ryzenは8コア/16スレッドがフラッグシップで、4コア/4スレッドがローエンドとなりそうですが、4コア/8スレッドや6コア/12スレッドモデルはあるのでしょうか。また2017年後半に発売されるノートPC向けのRyzenはどういったものになるのでしょうか。

4コアRyzenはTDP65Wという噂がありましたが、より熱の発生を抑えなければいけないプラットフォームのために、TDP45W版の4コアRyzenが発売されると言う噂があります。

IntelのKaby lakeが市場に浸透する前にAMD製の14nm CPUを出してほしいものです。

関連記事

Ryzen/Zenを搭載出来るAM4マザーボードが多数発表される。Zenの発売は間近か

Ryzenの発売日は遅くとも3月3日か

Core i7 7000シリーズのスペックがリークされた、2017年はZenとCoreの一騎討ちが拝めそうだ

ソース

@CPCHardware Tweet

One comment

Add a Comment

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)