無線のマウスやキーボードを選ぶとき、2.4GHzとBluetoothのHIDではどちらがいいのか

BlueToothのHIDプロファイルとは

Human Interface Device Profileの略で、マウスやキーボードをやりとりするための規格です。無線でマウスやキーボードなどの機器を接続したいという需要はかなり昔からあり、そのための様々な実装がありました。乱立する無線規格を統一するという目標で作られたのがBluetoothです。その中のマウスとキーボードの部分の規格がHIDと言うわけです。

2.4GHzのUSBドングルを仕様するタイプの利点は

大きく2つあります。1つはPCからただのキーボードとマウスだと認識されることです。ドライバは当然要りませんし、BIOSの設定画面などでも使うことできますし、動作はほぼ確実に安定します。BluetoothはあくまでBluetoothのデバイスとして扱われてしまい、ドライバの精度によっては異常動作してしまいます。

もう1つは電池持ちです。Bluetooth4.0ではかなり改善されましたが、多くのBluetoothのマウスやキーボードは電池持ちが悪いです。Bluetooth用のチップの回路規模が大きいからだと考えられます。これに対して2.4GHz無線はほとんど交換の必要が無いほど電池持ちがいいモデルが多いです。

Bluetoothの利点

USBポートを食わないことです。これは例えばデスクトップPCなら大した特徴ではありませんが、USBポートが1つしかないタブレット型デバイスや、2つか3つ程度のUltra Bookなどでは大きいでしょう。持ち運び用で使用頻度が高くなければBluetoothに軍配が上がりそうです。

デスクトップをすっきりさせたいという用途なら2.4GHz無線コンボをオススメ

デスクトップがケーブルだらけで鬱陶しいからなんとかしたいという方には2.4GHz無線コンボがオススメです。電池交換が煩わしいでしょうし、Bluetoothが付いていない場合がほとんどでしょうから、迷わず2.4GHz無線コンボを使うといいでしょう。自然と統一感も生まれ、落ち着いたデスクトップになります。

メインのノートPCには2.4GHz無線マウスがオススメ

使用頻度が多いメイン使いのノートPCにはUSBポートを1つ潰してでも2.4GHz無線マウスがオススメです。動作の安定感もありますし、電池持ちが良いので電池交換のストレスも少ないです。

タブレットデバイスやスマートフォン用ならBluetoothがオススメ

Bluetoothの無線マウスやキーボードがオススメできるシーンはモバイル機器に繋ぎたい場合くらいです。大抵Bluetoothには対応していますし、USB端子はそもそも無い場合もあります。選択するまでも無くBluetoothでしょう。

Add a Comment

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)