IntelのEdison, Galileo, Jouleがディスコン、IoTから撤退か

IntelのIoT向けラインナップEdison, Galileo, Jouleがディスコン

IntelのEdison, Galileo, Jouleがディスコン(discontinued)となるようです。これらはIntelの組み込み機器向けラインナップで、主にIoT(Internet of Things)機器に向けた小型かつ省電力な製品となっていました。

IoTから撤退か

Edison, Galileo, JouleはどれもIntelのIoT戦略のキーとなる製品でした。例えば2014年のCESで発表されたEdisonは、x86プロセッサをウエアラブル端末市場やArduinoなどを始めとする組み込みボード市場に投入するのが目的でしたが、その目的を果たすことなくEdisonはディスコンとなりました。IntelはIoTから撤退するのでしょうか。それとも次の一手があるのでしょうか。

Raspberry Piとその互換ボード

一方でRaspberry Piは好調のようで、公式マガジンのMagPiによると2016年までに1100万台を売り上げたようです。互換ボードも多く登場しており、また産業用途などを想定したCompute Moduleが発売されています。

関連記事

ASUSの小型シングル・ボード・コンピューター「Tinker Board」登場、RK3288搭載

Orange Piに新製品「Orange Pi PC 2」登場、ARM 64bitでMali 450 MP6を搭載、20ドル

SOPINE64登場PINE64のCOMPUTE MODULE

シン・クライアントの主流となりつつある格安コンピューターRaspberry Pi

産業用のRaspberry Pi3が登場

ソース

https://www.theregister.co.uk/2017/06/20/intel_joules_edison_galileo/

https://www.raspberrypi.org/magpi/issues/53/

Add a Comment

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)