Huawei Honor 9が中国で正式に発売、6GB RAM、Kirin 960搭載、340ドル

Huawei Honor 9が正式に発売された

Huawei Honer 9が中国で正式に発売されました。価格はドルに直して4GBメモリ/64GBストレージを搭載するモデルが340ドル、6GBメモリ/64GBストレージを搭載するモデルが400ドル、6GBメモリ/128GBストレージを搭載するモデルが440ドルとのことです。スケジュール通り、順調に発売されたことになります。

  • 4GBメモリ/64GBストレージ 2299元(340ドル)

  • 6GBメモリ/64GBストレージ 2699元(400ドル)

  • 6GBメモリ/128GBストレージ 2999元(440ドル)

外観に大きな変化は無い

外観は以前のモデルとほとんど変化していないようです。2.5D曲面ガラスに、FHD 5.15インチのIPSディスプレイ、背面にはデュアル・カメラを備え、ゴールド、ブルー、ブラック、アンバー、グレーの5色が展開されます。

USB Type Cリバーシブル・コネクタが採用され、サイズは147.3 x 70.9 x 7.5 mm、重さは155 gとのことです。

手頃な価格でKirin 960を搭載し6GBメモリを搭載出来るモデル

Kirin 960はCPUとして、Cortex A73 4コア 2.4GHzを高負荷な処理を担当するビッグ・コアも採用し、Cortex A53 4コア 1.8GHzを低負荷な処理を担当するリトル・コアに採用しています。ARMのIPをフル活用した高性能CPUと言えます。

また、GPUとしてはMali G71の8コア構成(MP8)が採用されています。こちらも現在市場に出回る中では最新の設計のものとなっています。

スマートフォンのメモリの大容量化は年々進んでいますが、Honor 9は廉価なモデルながら6GBのメモリを搭載することが出来ます。ストレージの規格は情報が挙がっていないようですが、128GBと大容量なストレージを選択することが出来ます。

OSはAndroid 7.0搭載し、Huawei独自のユーザー・インターフェースEMUI5.1を搭載します。Wi-Fi ac、NFC、VoLTEに対応し、バッテリー容量は3200mahとのことです。

関連記事

HuaweiがMate 9をローンチ搭載プロセッサKirin 960はCortex A73とMali G71のARMの最強タッグ

中国Huaweiと仏ESIがCAEパブリック・クラウド・ソリューションを発表

IntelとHuaweiがHPC関連事業でコラボレーション

ソース

https://www.androidcentral.com/honor-9-goes-official-6gb-ram-kirin-960-chipset-dual-rear-cameras

http://www.gsmarena.com/huawei_honor_9-8704.php

Add a Comment

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)