Geforce GT1030を搭載したグラフィックス・カードの情報がリーク

Geforce GT1030を搭載した「KFA2 GeForce GT 1030 EXOC White」

Geforce GT1030を搭載したグラフィックス・カードの情報がEl Chapuzas Informaticoからリークされました。

そのグラフィックス・カードのモデル名はKFA2 GeForce GT 1030 EXOC Whiteで、CUDAコアが384コア集積されているGP108-300コアを搭載し、バス幅64bit、6000MHz相当、バンド幅48GB/sのGDDR5を2GB搭載するようです。PCIe 3.0 x8で接続され、TDPは30Wとなります。79.95ユーロで販売されるようです。

これまでの噂によると、GT1030にはCUDAコアが512コアのモデル、VRAMが4GBのモデルが存在するようです。

CUDA用のアクセラレーターとしては厳しいか

CUDAコアを512コア搭載し、80ドルを切る格安グラフィックス・ボードに搭載されると見られるGT1030ですが、今回のリーク情報によってPCIeが8レーン、メモリのバンド幅が48GB/sとIO機能が弱いことが分かりました。CUDA用のアクセラレーターとしての購入は厳しいと言えるでしょう。

過去の記事ではCUDA用のアクセラレータとして買いかも知れないと主張しましたが、どうやらそういった製品では無さそうです。

関連記事

Geforce GT1030と見られるダイの画像とパフォーマンスがリーク

80ドル以下のGeforce GT1030が投入される噂が浮上

ソース

https://elchapuzasinformatico.com/2017/04/kfa2-geforce-gt-1030-exoc-white-os-mostramos-la-primera-geforce-gt-1030/

Add a Comment

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)