SK Hynixがまだ公表されていない規格「GDDR6」の最初のチップをアナウンス

SK HynixがGDDR6をアナウンス

SK Hynixがまだ公表されていない規格である「GDDR6」に適合するメモリチップをアナウンスしました。2018年の初頭には市場に投入するそうです。

この規格はグラフィックス・カード向けのメモリ規格GDDR5の次世代の規格です。Micronの独自規格GDDR5XやHBMなどのスタックド・メモリの規格と共により良いグラフィックス体験の基礎を作るものとなります。

このチップは8Gbitの容量を有し、16Gbpsの転送レートを誇るようです。GDDR5は通常9Gbps程度の転送レートですので、倍近く速くなることが分かります。SK Hynixの21nmプロセスで製造され、GDDR5よりも10%低い電圧で動くようです。

384bitのバス幅で768GB/sのバンド幅を実現すると見られる

SK Hynixはこのチップがどのような構成でグラフィックス・カードに搭載されるのかは伏せていますが、384bitのバス幅で、768GB/sのバンド幅を実現すると見られています。4096bitのバス幅で720GB/sを達成しているNVIDIA Tesla P100などに搭載されているスタックド・メモリのHBM2と比べても競争力のある数字となります。

GPGPUのあり方に響くか

グラフィックス・カードにはかなりハイスピードなメモリが搭載されることが通例ですが、GPUの莫大な計算能力を考えると速度が足りないと言われています。特に扱うデータの多いワークロードにおいてはメモリの能力を簡単に使いきってしまうようです。

GPGPUはGeneral-purpose、つまりグラフィックス処理以外の汎用的な計算についてGPUを使用すると言う概念です。メモリの速度が速くなるにつれてより大きなデータを扱う演算についてGPUを使うことが容易になれば、GPGPUそのものが変わるかも知れません。

関連記事

SK Hynixが72層3D NANDフラッシュメモリに正式に着手することを発表SK Hynixが韓国のチョンジュに3D NANDとDRAMを製造する工場を建設する計画を発表

ソース

http://www.anandtech.com/show/11297/sk-hynix-announces-plans-to-ship-gddr6-memory-for-graphics-cards-in-early-2018

Add a Comment

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)