SOPINE64登場PINE64のCOMPUTE MODULE

PINE64からコンピュート・モジュール登場

PINE64は、中華タブレットでよく採用されているAllwinner社のプロセッサを採用したシングル・ボード・コンピュータです。Allwinner社のA64と言うプロセッサを使用しており、1.2GHz駆動のCortex A53 x4とMali 400 MP2と言う構成のプロセッサとなっています。

そのPINE64からコンピュート・モジュール「SOPINE64」が登場しました。メモリはDDR3 2GBで、SDカードスロットがコンピュート・モジュールそのものに搭載されています。価格は29ドルです。

Allwinner A64のスペックを列挙しておきます。

  • Cortex A53 x4
  • ARM v8対応
  • NEON対応
  • LPAE(Large Physical Address Extentions)対応
  • VFP v4搭載
  • L1 32KB i-キャッシュ 32KB d-キャッシュ
  • L2 512KB キャッシュ
  • TrustZone対応

  • Mali 400 MP2

  • eMMC v5.0

  • SD v2.0(SDHC対応)

  • SDIO v3.0

  • 10/100/1000Mbps イーサネット
  • USB2.0対応

ベースボードにはeMMC接続端子も

IOを提供するベースボードにはeMMC接続端子もあります。eMMC v5.0は規格上の帯域幅が400MB/sで、かなり高速なストレージとして機能します。SOPINE64の用途の幅を広げてくれそうです。価格は14.9ドルのようです。

産業用途に向くコンピュート・モジュールは流行るか

メモリの量はSOPINE64の2GBはRaspberry Pi3 Compute Module(以下CM3)の1GBを超えています。またSOPINE64がDDR3 1333(32bit)なのに対しCM3はDDR2 900(32bit)なので、メモリのスピードに1.5倍近い差があります。メモリだけで見ればSOPINE64が圧倒的に有利です。高画質なデジタルサイネージなど、メモリを多く使う用途には向くでしょう。

Raspberry Piの互換ボードメーカーにコンピュート・モジュールを提供するメーカーが現れたことは大きな変化に見えます。今までおもちゃのような扱いだったRaspberry Piやそのコピーボードは、産業用のプロトタイプを制作する汎用ボードとしての地位を確立するかも知れません。

関連記事

Orange Piに新製品「Orange Pi PC 2」登場、ARM 64bitでMali 450 MP6を搭載、20ドル

産業用のRaspberry Pi3が登場

ソース

https://www.pine64.org/

One comment

Add a Comment

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)