ASUSのZenBook 3はUSB-Cポートのみを採用、USB-Cポートのみというデザインは流行ってしまうのか

ASUSのZenBook 3はUSB-C

ASUS社のノートPCブランドの高価格帯ラインであるZenBookシリーズに、最新モデルZenBook 3がラインナップされました。先日発表された14インチのDeluxeモデルと、既に国内販売が始まっている12.5インチモデルがラインナップされています。

最新モデルとなるZenBook 3は、Apple社の最新のMacBookが採用したようなデザインが採用されています。インターフェースはオーディオジャックとUSB-C端子が14インチでは2つ、13インチでは1つあるだけという非常にシンプルなデザインです。

HDMI端子やRJ45端子など、実際によく使われている端子を廃したデザインとなっており。外部デバイスは、無線またはUSB-C端子によって接続される仕様です。良く言えば未来的なデザイン、悪く言えばユーザーのことを考えていないデザインだと言えるでしょう。このデザインは果たして流行るのでしょうか。

全体的に高級感を意識したデザインとなっており、キーボードにはバックライトが付いているようです。電源ボタンはApple社のMacBookと同一のレイアウトとなっています。

https://www.asus.com/jp/

ディスプレイは綺麗

14インチモデルのディスプレイは、standard RGB(sRGB)に100%対応しておりコントラスト比は1000:1となっているようです。13インチモデルはNTSCの色域に72%対応することが謳われていて、コントラスト比は1000:1となっているようです。解像度はどちらも1920 x 1080と控えめですが、基本を抑えたきちんとしたディスプレイが搭載されているようです。

IntelのKabyLake世代Uシリーズプロセッサ搭載

ZenBook 3にはKabyLake世代のUシリーズプロセッサが搭載されています。Uシリーズプロセッサは、モバイルチップの中でも消費電力の制約が厳しいコンピュータ向けのプロセッサですが、近年ではかなり良いパフォーマンスを出せるシリーズとなっています。2コア/4スレッドに絞り、省電力ながらシングルスレッドでは高いパフォーマンスを実現しています。

関連記事

ASUSの新しいChromebookの情報がリーク、Core m3とUSB-C搭載でより本格的な用途までカバー

ASUS X99-E-10G WSはオフィスレベルのディープラーニング環境にどうか

Add a Comment

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)